BLOG ブログ

The Biggest Strength Is Quality

ブログ

Scroll

屋根改修工事 リ・ルーフシステムの施工手順を実例を使ってご紹介

リルーフシステム

前回のブログで書きましたスレート・金属屋根改修工法のリ・ルーフシステムの施工手順を、弊社が施工したスレート屋根の実例写真を使ってご紹介いたします。

リ ・ルーフシステムは、屋根補強と断熱を兼ね備えた発泡ウレタンのSGフォーム層と超速硬化ウレタン防水層さらに遮熱トップコートの3層を重ねることで屋根補強、防水、断熱と遮熱の4つの効果を発揮し、大切な建物の延命を図り建物内の設備を雨漏りから守りつつ冷暖房費を節約して省エネを実現する画期的な屋根改修工法です。

・概要
 所在地:東京都大田区
 構造・規模:鉄骨造スレート葺き平屋建て
 屋根面積:約250㎡(水平投影面積、吹付け面積は約360㎡)
 

仮設足場設置状況

1.ボルト頭カット(ビスカット)

  スレート板はフックボルトを使って母屋に固着されていましたので、屋根面より突き出したボルト頭をカットしていきます。ボルト頭を残したままの状態で施工しても問題は無いのですが、SGフォーム層及び超速硬化ウレタン防水層を保護し、不具合発生の危険を減らすために電動サンダーを使ってボルト頭をカットしました。

ボルト頭(ビス)カット


2.高圧洗浄

高圧洗浄水を使って屋根面に付着した油脂、汚れ、異物、塗料残留物などを洗い流します。 

高圧洗浄

3.掃き出し、ケレン

高圧洗浄で流し落とせなかった汚れやボルト錆をブラシ掛けとケレンによって除去します。

掃き出し、ケレン

4.シーリング処理

スレート板の重ね隙間や棟笠木との取合い隙間をシーリング材を使って埋めていきます。屋根面を平滑にすることでSGフォームの接着性、密着性を高めます。

シーリング処理

5.飛散防止用の屋根養生

SGフォームや超速硬化ウレタンを吹付ける際、それらが飛散することで人的・物的被害が生じないように屋根上面を養生シートで囲います。人が立って作業できる空間を作り出すため養生作業には4~6人程度が必要です。

飛散防止屋根養生

6.SGフォーム吹付け

発泡ウレタンであるSGフォームは専用機械で吹き付けることで均質な断熱層を作ることができ、さらにスレート板の補強にもなります。SGフォームは1㎡あたり1.0kgを標準として吹付けますが、吹付け後発泡しますので2~3回に分けて均一に平滑に仕上げ、層厚が約10mmとなる断熱補強層を形成します。

SGフォーム吹付け

7.超速硬化ウレタン吹付け

ウレタン防水層を形成する超速硬化ウレタンを吹付けます。超速硬化ウレタンは1㎡あたり1.5kgを吹付けますが、数秒後には指触硬化しやり直しができない工程となりますので、2~3回に分けて均一に平滑に吹付けます。

超速硬化ウレタン吹付け

8.トップコート吹付け

最後に反射率の高い遮熱トップコートをスプレーして完成です。

遮熱トップコート吹付け
完成

東京23区・東京近郊の防水工事、大規模修繕工事のことなら東京都中央区の東京防水へお問い合わせください。
東京23区を中心に防水工事・大規模修繕工事・止水工事をおこなっております。

#質の高い防水技術で
#サステナブルな建物へ
#防水工事
#大規模修繕
#止水工事
#リルーフシステム
#屋根改修工事
#ブランコ工法
#超硬化ウレタン
#外壁改修
#漏水工事
#雨漏り診断
#室内修繕 
#外壁塗装
#一級建築士
#一級建築施工管理技士

Share

屋根改修工事 超速硬... Back 屋上防水、共用廊下や...

東京防水

本社 東京都中央区日本橋小伝馬町16-8 共同ビル2F

TEL 0120-276-730

お問合せ Contact Us

お問い合わせ・ご相談やご依頼はこちら