BLOG ブログ

The Biggest Strength Is Quality

ブログ

Scroll

屋上防水 ウレタン防水とシート防水ではどちらのほうが良いの?

屋上防水

現在の防水がアスファルト防水押えコンクリート仕様の建物のオーナー様から屋上防水改修の工事見積のご依頼がありました。既にA社の見積書があって相見積になりますが・・・とのことでしたが、弊社は弊社の調査と評価・分析に基づいて見積書を作成させていただきました。

調査報告書と見積書を提出した数日後、お客様からお電話があり「A社はシート防水、B社と東京防水さんはウレタン防水の見積書なのですが、どういう違いがあって、どちらの方が良いのかわからないで迷っています。わかりやすく教えてくれませんか?」とご質問を受けました。

建物を長く使い続ける場合、ウレタン防水をお薦めします

ウレタン防水の一番の長所

ウレタン防水は防水材料を塗り重ねて膜を作って防水する工法です。だから一番の長所は、いつでも、何回でもウレタン防水を重ね塗りできることです。
一番表側(外側)に塗るウレタンをトップコートを呼びますが、このトップコートが下のウレタンの劣化を防いでくれるので、トップコートの塗り替えを4~7年程度の間隔で定期的に行えば、ウレタン防水は長期間劣化することのない経済的な防水です。

ウレタン防水の一番の短所

一方、ウレタン防水の一番の短所は、防水層の品質は施工する職人・作業員の腕・技術に大きく左右されることです。技があって信頼できる上手な職人が手掛けたウレタン防水はそれは見事であって、目に見えない隠れてしまう所までしっかりと手をいれた防水層を作ります。

ウレタン防水による改修

シート防水の一番の長所

シート防水の一番の長所は、ウレタン防水の一番の短所である施工する職人・作業員による品質の優劣がウレタン防水よりは少ないことです。シートは工場で製造されますので一定の防水性能・品質は保証されます。しかし、シートの重ね部分や折り曲げ部分などは接着方法と補強方法に十分な配慮が必要な個所ですので、この部分の施工が悪いと高い品質の防水は期待できません。

シート防水の一番の短所

シートは塩化ビニル製とゴム製などを使いますが、シートの柔軟性と弾性を確保するために可塑剤という物質を添加します。この可塑剤は化学的に結合しているわけではないので、時間の経過とともに浸出しシートは次第に固くなります。シートが固くなることで接着部分が剥がれたり、傷ついた所が破れたり、シート全体がよじれたりする現象が現われてきます。強風による負圧や偏った方向からの風圧によって、シートの剥がれやよじれはさらに大きくなることもあります。これがシート防水の一番の短所だと考えています。可塑剤はアレルギーをはじめとして人体に影響を及ぼす化学物質であるとも言われています。

シート防水による改修

シート防水の浮き上がり、よじれ(例)

経験豊富な職人が行うウレタン防水をお薦めします

ウレタン防水とシート防水のどちらの防水も、個人的に一番と思っている長所と短所をご紹介しました。ご紹介した以外にもそれぞれに長所と短所を持っていますが、それら全てを考慮しても技術があって経験豊富な職人(マイスター)が施工するウレタン防水をお薦めします。

東京防水は熟練の職人が丹精込め、コテを使って仕上げる高品質なウレタン塗膜防水を作り続けています。

東京23区・東京近郊の防水工事、大規模修繕工事のことなら東京都中央区の東京防水へお問い合わせください。
東京23区を中心に防水工事・大規模修繕工事・止水工事をおこなっております。

#質の高い防水技術で
#サステナブルな建物へ
#防水工事
#大規模修繕
#止水工事
#リルーフシステム
#屋根改修工事
#ブランコ工法
#超硬化ウレタン
#外壁改修
#漏水工事
#雨漏り診断
#室内修繕 
#外壁塗装
#一級建築士
#一級建築施工管理技士

Share

屋上防水 ウレタン防... Back 大規模修繕工事 どん...

東京防水

本社 東京都中央区日本橋小伝馬町16-8 共同ビル2F

TEL 0120-276-730

お問合せ Contact Us

お問い合わせ・ご相談やご依頼はこちら