BLOG ブログ

The Biggest Strength Is Quality

ブログ

Scroll

屋上防水 改修ドレンって何?どういう役目をするの?

屋上防水

 

一見すると水平に見える屋上ですが、水が流れるように緩い勾配を付けてあるのが一般的です。勾配の付いた防水層表面を流れてきた雨水は、ドレンと呼ぶ場所に集まり、竪樋(雨樋)を経由して地上、側溝、下水道に流れていきます。ルーフバルコニーやベランダも屋上と同じように勾配が付けられ、雨水は同じ経路で排水されます。

ドレンタイプと改修ドレンの設置例

ドレンは雨漏りが起こりやすい場所です

雨漏りは、防水層の破れた所、剥がれた所、穴があいた所で起こりますが、ドレン廻りでも不良が生じて起こることがあります。ドレン廻りで起こる雨漏り原因をご紹介します。

1.防水層とドレンの接続部

ドレンは耐久性、耐候性、固着性の高い素材である金属製のものが多く使われます。ドレンと防水材料(防水塗膜)が接している部分は、温度変化や直射日光による伸縮膨張の違い、振動による力、紫外線や凍結乾燥による弾性が失われることで、次第に防水材料は切れたり、割れたり、剥がれたり、痩せたりが生じ、接続部分の不良から雨漏りは起こります。

横引きドレンの設置要領例

2.ドレンとパイプの接続部

これは施工不良が最も考えられ原因です。パイプが短かすぎた、接着剤の塗布不足、接着剤が硬化する前にドレンやパイプを動かしたなどが考えられます。(下図A部分)

3.パイプの亀裂

横パイプはエルボ(曲がり)を介して外壁の外で縦パイプに接続します。強風時あるいは地震時に、縦パイプと横パイプの動きの違いによる応力集中で、躯体に拘束されている横パイプに亀裂が入ることがあります。(下図B部分)

雨漏りが生じやすい場所 A:ドレン金物とパイプの継ぎ部 B:横パイプの亀裂

改修ドレンとは

改修ドレンは、現在のドレンの上に覆い被せるように設置する平板と、竪樋にまで達するパイプを継ぎ目なく一体化したものです。改修ドレンの素材は、現在のドレンやその廻りの形状になじむように叩き加工して設置しますので、一般的に銅製が使われます。

鉛製ドレン

改修ドレンの設置手順

鉛板の根元から出ているホースを横パイプの奥、竪樋に達するまで差し込みます。ドレン金物と横パイプの付根や横パイプの途中に生じた亀裂からの雨漏りはこれで無くなります。さらに既存ドレン廻りの形状に馴染むようにハンマーなどで軽くたたきながら板状部を設置することで、ドレン金物と既存防水層の接続部に生じた亀裂や剥離などの不良からの雨漏りも無くなります。

改修ドレン
設置 鉛を叩いて取り付ける場所の形状になじませているところ

速乾タイプの防水シーリング材を使用して、鉛板と旧防水層の隙間を補強メッシュシートの目を埋めながら塞いでいきます。

補強メッシュテープで補強し、防水シーリング材で目地埋め

防水シーリング材を補強メッシュに馴染ませます

改修ドレンの設置完了です。このあと平場や立上りの防水層の形成と同じ工程、仕様で防水塗りを行っていきます。

改修ドレン設置完了

東京23区・東京近郊の防水工事、大規模修繕工事のことなら東京都中央区の東京防水へお問い合わせください。

Share

大規模修繕工事 外壁... Back 防水工事 ウレタン防...

東京防水

本社 東京都中央区日本橋小伝馬町16-8 共同ビル2F

TEL 0120-276-730

お問合せ Contact Us

お問い合わせ・ご相談やご依頼はこちら