BLOG ブログ

The Biggest Strength Is Quality

ブログ

Scroll

防水工事 こんな場所からも雨漏りするの?そんな実例をご紹介

屋上防水

東京防水が雨漏りの現地調査を行った際、お客様が驚かれた雨漏り発生箇所を少しご紹介したいと思います。雨漏り現象が分散して現れているときは、雨漏りの原因は一つだけとは限らず、それぞれが別の原因で雨漏りしている可能性があります。また、当初の建物設計・施工のときにちょっとした配慮があれば雨漏りが引き起こされなかった事例もありますので、本来設計時に配慮するべきだった点なども書いてみたいと思います。

東京防水は、設計経験と現場経験から得た知識を駆使し、事象を消去法で検証しながら雨漏り原因を探り当てます。そしてコストパフォーマンスの高い高品質かつ最善の防水工事をお約束します。

1.塔屋基礎と床の接合部入隅のモルタルが収縮したことによる隙間

屋上防水の保護コンクリートと塔屋の外壁基礎の取り合い部である目地劣化部分から雨漏りが生じていました。入隅になるので水が溜まりやすい場所でしたので、既存目地を撤去しシーリング処理した後にメッシュ補強し、ウレタン防水剤で防水塗膜を入念に仕上げました。

雨水の侵入経路をオーナー様にご説明するとき手描きした図
シーリング材による隙間処理
ウレタン防水材塗布
立上りと床取り合い部は補強メッシュを張りウレタン塗膜防水剤を塗布

2.サッシュ下の床との間にある隙間埋めモルタル部分からの浸水

本建物の場合、上の手描き図面に描いてある通り、サッシュと床の間の隙間からも雨水が入ってきていると推測しました。サッシュはコンクリートにアンカーで固定し隙間はモルタルで埋めてシーリング処理するのが一般的です。モルタルは経年で縮みますので隙間が生じてきます。無収縮モルタルや防水モルタルを使う業者は〇、さらに水返しや止水版が施工されていると◎です。本件はサッシュに水切り板が一体化されていたので切断することも出来ず、隙間をシーリング処理してウレタン防水塗膜を水切りに接して施工することで水の侵入を防ぐように工夫しました。本当は写真でご紹介できるのが一番なのですが申し訳ありません。

施工から半年以上経ちますが、今のところ浸水は止まっているようです。万一、浸水が始まるようなことがあれば、サッシュを一旦はずして、しっかりとした防水対策工事を施す必要があると考えています。

サッシュ下の床との隙間をシーリング処理

3.階段手摺壁の隙間(床接合部にも隙間)

屋外階段が取り付く場所は少し複雑な形状をしている建物でした。手摺壁(袖壁)の小口接合部にかなりの隙間が出来ている状態で、ここから入った雨水が防水層の下に入り込み雨漏りが生じていると判断しました。本建物は当箇所以外の複数個所で雨漏りが発生しているため、弊社がご提案した改修方法を、お客様がご検討くださっているところです。

階段手摺壁

鉄骨階段手摺壁の隙間

階段手摺壁の亀裂、隙間

4.谷樋の排水能力不足による屋根水下からの逆流

緩勾配の瓦棒葺き屋根で水下にもパラペットが立ち上がっているために谷樋で雨水を処理している屋根です。谷樋は、屋根面積に対して十分な排水能力を持つだけの幅や高さが無く、よって強雨時には瓦棒の淀や小舞、さらには芯無し瓦棒のキャップ部分からも、谷樋に滞留している雨が浸水している状態だと推測出来ました。
屋根を葺き直すのが最も安全な方法ではありましたが、水下1.5m程度の瓦棒を撤去し、野地板を張り替えてウレタン塗膜防水を施し、排水溝の役目も果たす屋根にすることで工事費を抑え工期を短縮する方法で一旦改修し、暫くは様子をみるご選択をされました。

谷樋が狭く浅いために排水能力の不足で雨漏り

水下1.5m程度の屋根をウレタン防水を施工し排水溝として利用することで排水能力アップを図った

東京23区・東京近郊の防水工事、大規模修繕工事のことなら東京都中央区の東京防水へお問い合わせください。
東京23区を中心に防水工事・大規模修繕工事・止水工事をおこなっております。

#質の高い防水技術で
#サステナブルな建物へ
#防水工事
#大規模修繕
#止水工事
#リルーフシステム
#屋根改修工事
#ブランコ工法
#超硬化ウレタン
#外壁改修
#漏水工事
#雨漏り診断
#室内修繕 
#外壁塗装
#一級建築士
#一級建築施工管理技士

Share

東京防水の一級建築士... Back 大規模修繕工事 コン...

東京防水

本社 東京都中央区日本橋小伝馬町16-8 共同ビル2F

TEL 0120-276-730

お問合せ Contact Us

お問い合わせ・ご相談やご依頼はこちら