BLOG ブログ

The Biggest Strength Is Quality

ブログ

Scroll

防水工事 防水材や塗料の1液型と2液型の違いは何?

屋上防水

1液型と2液型で耐候性に違いはありません

5月14日のブログで塗料のことを少し書いたところ、そのブログを読まれた方から1液型と2液型の違いについて教えて欲しいのですが、とご質問を受けました。

日本ペイントさんのHPのFAQには次のように書かれています。

(以下、日本ペイントHP FAQより転載)
例えば1液型と2液型のウレタン樹脂塗料を比較した場合、耐候性には大きな違いがありません。
2液形塗料は、塗料液と硬化剤とを所定比率で混ぜ合わせる手間と、ポットライフという制約がありますが、耐候性以外の性能、例えば下地への付着性、乾燥性や塗膜の強度に優れるため、主に公共工事で使われます。
1液形塗料は、塗装作業性に優れており一般住宅の塗り替えなどに多く使われています。(以上、日本ペイントHPのFAQより転載)

1液型塗料は硬化剤と塗料液を計量し混合撹拌する手間が必要なく、開缶後、すぐに塗装を開始することができるため作業性に優れているという長所があります。一方、2液型は付着性、乾燥性、塗膜の強度においては1液型よりも勝ると書いてあります。
耐候性に関しては1液型も2液型も大きな違いはないことを示しています。

水性塗料にも2液型はあります

最近は、特に都市部では臭いが少なく環境に優しい水性塗料の需要が多く、近隣住民さんとのトラブル回避のためにも水性塗料が推奨される傾向にあります。しかし水性の2液型の製品は種類が少ないので選択肢は限られてきます。

日本ペイントさんのFAQの中に、2液型塗料にはポットライフという制約があることが書かれています。ポットライフとは各塗料メーカーさんが製品ごとに定めた、塗料を混合撹拌後に使用できる限度時間を示した可使時間というものです。
例えば、ポットライフが23℃で6時間と記載されている塗料であれば、一度混合撹拌した塗料は、気温23℃の環境下で6時間を超えると塗料の性能が低下することを表しています。
夏季のように気温が高い場合は、このポットライフは表示された時間よりも短くなるので、手早く塗装作業を行う必要があります。

ポットライフを過ぎて塗料が硬化してしまった場合の再利用はできません。
その日の気温や湿度を考慮しながら、ポットライフ時間内に塗装できる量を計算して混合する必要があります。このような手間がかかりますので、2液型を上手に扱うには豊富な経験と知識が必要とされる所以です。

ポットライフの指定

ご質問の1液型と2液型の違いは?のお答えとしては、同じ性能・種類で塗料の値段を比較した場合、1液型は2液型よりも1~2割程度安価な商品が多くあります。そして日本ペイントさんのHPにあったように、耐候性はどちらも変わらないのですが、付着性、乾燥性、塗膜の強度は2液型の方が優れているという点です。さらに2液型にはポットライフ(塗料撹拌後の可使時間)の制約があり、職人さんの経験と知識が必要になるということでしょうか。

東京23区・東京近郊の防水工事、大規模修繕工事のことなら東京都中央区の東京防水へお問い合わせください。
東京23区を中心に防水工事・大規模修繕工事・止水工事をおこなっております。

#質の高い防水技術で
#サステナブルな建物へ
#防水工事
#大規模修繕
#止水工事
#リルーフシステム
#屋根改修工事
#ブランコ工法
#超硬化ウレタン
#外壁改修
#漏水工事
#雨漏り診断
#室内修繕 
#外壁塗装
#一級建築士
#一級建築施工管理技士

Share

東京防水の一級建築士... Back 大規模修繕・外壁修繕...

東京防水

本社 東京都中央区日本橋小伝馬町16-8 共同ビル2F

TEL 0120-276-730

お問合せ Contact Us

お問い合わせ・ご相談やご依頼はこちら