BLOG ブログ

The Biggest Strength Is Quality

ブログ

Scroll

雨が降っていたら防水工事は出来ませんか?

屋上防水

少しの雨であれば防水工事を行うことができる工法があります。
また、防水工事の中で雨が降っていても行うことの出来る作業があります。
雨だから全く工事が出来ないというわけではありません。

少しの雨なら工事可能なシート防水

シート防水施工完了後の全景


シート防水は防水加工してあるシート材を
躯体の上に敷き広めていく工法です。

水が溜まりにくい霧雨や短い時間の小雨程度であれば
工事を行うことは可能です。

本来防水工事は水を嫌いますが、
シート下の躯体が少し濡れている程度であれば、
そのごく少量の水は水蒸気となって脱気筒から蒸発していきます。

しかし躯体の上に水が溜まっているような状態ですと、
脱気筒からの蒸発だけでは追いつかなくなります。


水蒸気の圧力がシートを押し上げてシートのよじれ、
シートの破れ、シートの重ね部の剥がれが発生しますので、
躯体表面の状況をよく確認して工事を行う注意が必要です。

雨の日には工事が出来ない
ウレタン防水などの塗膜防水

ウレタン塗膜防水密着工法 ウレタン1層目

一方、ウレタン防水、アスファルト防水やFRP防水は、
液体材料を塗り広げて膜を作り、
その膜で防水する工法で、これらを総称して塗膜防水と言います。

塗膜防水は補強や通気などを目的としたシートを敷設しますが、
このシート自体には防水性はありません。
防水性能はあくまでも防水液体材料を塗り広げて作ります。


雨の日に施工すると雨水によって液体材料が薄まり
品質が悪くなったり、塗り広げた液体材料が流されたり、
雨粒痕ができたり、一定の厚さの防水膜を確保することが難しくなります。

塗膜系の防水工事の場合、健全な防水層を作るためには、
雨が降っていない日に工事を行うことが原則となります。

雨の日には出来ない作業

雨水が防水層の上を自然にスムーズに流れていくために、
セメントモルタルや樹脂モルタルで勾配を作り直したり、
躯体のクラックを直したり、
コンクリート下地を補修したりといった作業は行うことが出来ません。

防水材料と同じで、
モルタルや樹脂材料が雨で流されてしまうからです。

樹脂モルタルで水勾配確保のための下地処理

雨の日にでも出来る作業

防水工事を始める前に現在の防水層やコンクリート躯体表面を
圧力の高い水を噴射して汚れを落とす作業を高圧洗浄と言います。
高圧洗浄作業は雨の日でも大丈夫です。

その他、防水工事を行うために障害となる物を移動したり、
工事の影響を受けないように建物を養生したり、
移動できないものを養生する作業も雨の日に行うことが出来る作業です。

翌日以降の天気予報を見ながら、
少しでも工期が短くなるよう工夫しながら工事をを行っています。

高圧洗浄作業
高圧洗浄

東京23区・東京近郊の防水工事、大規模修繕工事のことなら東京都中央区の東京防水へお問い合わせください。

ブログ執筆者:一級建築士 佐藤

Share

雨漏りするのは施工ミ... Back 東京防水の一級建築士...

東京防水

本社 東京都千代田区西神田2-5-7 神田中央ビル7F

TEL 0120-276-730

お問合せ Contact Us

お問い合わせ・ご相談やご依頼はこちら