BLOG ブログ

The Biggest Strength Is Quality

ブログ

Scroll

止水工事 ハイドログラウト工法の作業工程

止水工事

止水工事のご依頼のきっかけ

以前に屋上防水を施工したことのあるビルオーナーから地下階の漏水のご相談がありました。
台風のような激しく雨が降る日に地下階で漏水が発生し、これまで何回も修理を繰り返してきたが一向に改善しなかったとのこと。何か良い方法はありませんかと、弊社に声が掛かりました。
症状をお聞きし建築図面を精査したところ、大雨が降ると建物の外側の地面下で水が溜まり、その水がコンクリート躯体と配管スリーブの極細の隙間から侵入してきていると推測できました。本来であれば地面を掘り起こし根本原因を解決すべきところですが、本建物は駅前の人通りが多い場所にあるので大掛かりな工事を避け、ハイドログラウトによる止水工事を応急的に行い、経過を観察することにしました。

漏水経路推測

止水工事 ハイドログラウトA工法の施工手順

地下階は1階店舗の商品を保管している倉庫ですので、ドリル穿孔によって発生するコンクリート粉塵から商品を守るためにしっかりと養生を行います。

コンクリート躯体と配管スリーブの隙間にハイドログラウト剤を圧入するための穴の位置を決めてマーキングし、ドリルで穿孔していきます。

ドリルで穿孔した注入用穴からハイドログラウト剤を圧入していきます。圧力計や注入量を確認しながら行うのですが、今回の現場は建物外側にハイドログラウト剤が漏出している可能性が高いため、グラウト剤の室内側への漏出は確認できませんでした。本来は室内側にハイドログラウト剤が溢れ出てくる量を見ることで充填具合を推し量りながら行います。

ハイドログラウト剤がコンクリート躯体の外側や配管スリーブの隙間に満遍なく行き渡るように配管の下方向からもハイドログラウト剤を圧入する穴を、ドリルで穿孔します。

ハイドログラウト剤を圧入していきます。

隣の配管から漏水は確認されていないのですが、現在の漏水箇所がハイドログラウト剤の効果により止水できた場合、隣にある躯体と配管の隙間から漏水する可能性があるので、予防的に隣の配管部分もハイドログラウト剤で止水工事を行います。

今回使用したハイドログラウトA剤です。

ハイドログラウト剤は隙間に入り込んだのち発泡して隙間を埋める工法ですが、万一のことを考え二次的予防対策として表面をエポキシ樹脂系の目地埋め材で仕上げます。

配管の継ぎ手部分にも念のため目地埋め材を施工します。

ハイドログラウトA工法による止水工事の完了です。

東京23区・東京近郊の防水工事、大規模修繕工事のことなら東京都中央区の東京防水へお問い合わせください。
東京23区を中心に防水工事・大規模修繕工事・止水工事をおこなっております。

#質の高い防水技術で
#サステナブルな建物へ
#防水工事
#大規模修繕
#止水工事
#リルーフシステム
#屋根改修工事
#ブランコ工法
#超硬化ウレタン
#外壁改修
#漏水工事
#雨漏り診断
#室内修繕 
#外壁塗装
#一級建築士
#一級建築施工管理技士

Share

東京防水の一級建築士... Back 東京防水 の一級建築...

東京防水

本社 東京都中央区日本橋小伝馬町16-8 共同ビル2F

TEL 0120-276-730

お問合せ Contact Us

お問い合わせ・ご相談やご依頼はこちら