東京防水  SERVICE - サービス

The Biggest Strength Is Quality

屋上防水

Scroll

東京防水の屋上防水

<防水の必要性>

雨漏りや防水の不具合を放置することは建物の安全性、人の健康にも関わってくるとても深刻で早期に解決しなければならない問題です。

・コンクリート内部の鉄筋が錆び、いまにも床が抜け落ちそうな構造安全性にまで問題が及んだ鉄筋コンクリート造のビルがありました。

・雨漏りを放置したために天井裏と壁内がカビだらけで健康被害に悩まされていて、電気ショートが原因で壁内断熱材が焦げている箇所もあった木造の戸建住宅もありました。

<東京防水の姿勢>

東京防水は、一級防水施工技能士をはじめとした熟練の職人たちによる自社直接施工です。ゆえに工事コストを低く押さえることが可能であり、高品質な防水工事を適正価格でご提供しております。
また建物の調査は原則、資格を持った経験知の高い社員が行い、見やすくわかりやすい調査報告書の作成を心掛け特別な場合を除きご提出させていただいております。
対症療法で一時的に雨漏りを凌ぐことは出来ますが、すでに建物内部に浸食してしまった雨水による症状を改善することはできません。
東京防水は質の高い防水技術であなたの大切な建物を「水」から守ります。

<東京防水がお勧めする代表的な防水工法>

東京防水がお勧めする代表的な防水工法 - 図

<健全な防水層の維持・管理>

防水工事は防水メーカー、原材料、工法、固定・接着方法など多くの選択肢がありますが、いずれを選択しても耐用年数15年が目安となります。
防水層の寿命は①日射強度、温度変化、風圧、塩害などの気象条件 ②防水層に載る重さ、頻度、時間などの積載荷重条件 ③建物自体の揺れ、下地と防水層の伸縮違いによる摩擦力、道路などからの伝播振動などの外的応力など多くの要因に左右され建物それぞれに違いが生じます。
少しおかしいな、何か違和感があるなと感じたときが早期発見・早期治療のタイミングです。
「建物のかかりつけ医」を自任している東京防水に、是非ご相談ください。

屋上防水の改修工法は様々ありますが、東京防水が得意とする代表的な2例をご紹介します。

ウレタン防水 - 図
シート防水 - 図
東京防水の実績

東京防水の屋上防水改修事例

屋上や天井からの雨漏りを放置していませんか?たかが雨漏り、されど雨漏り です。木造建物のオーナー様で雨漏りを放置したために天井裏・壁内がカビだらけ、知らず知らずのうちに健康被害に悩まされてしまったという事例がありました。その雨漏りを放置したことによる電気系統のショートで壁内にある断熱材が焦げ、火災にまで発展しかねない、あわや大惨事の状況でした。

Works
東京防水 - ご依頼からご成約までの流れ

東京防水

本社 東京都中央区日本橋小伝馬町16-8 共同ビル2F

TEL 0120-276-730

お問合せ Contact Us

お問い合わせ・ご相談やご依頼はこちら